「MPLAB Snap」が値上がりしていました。

 ここのところPICの書き込みは「MPLAB Snap」を使っていますが、何気なく秋月さんの価格を見て見ると¥2,400になっていました。送料込みでほぼ¥3,000になります。

 私が購入した時は¥2,000以下でしたので、結構値上がりしたことになります。「MPLAB Snap」は小さくて使い勝手も良いのですが、PICの書き込みに際して「LVP」にしか対応できません。
 「PICkit3」は正規の物を持っていますが、現在秋月さんでは取り扱いが無いようで、正規の物は「PICkit4」となり¥6,600もしています。これでは中学生などが手を出すには高価すぎると思いますので、「書き込めない」等云われていますが、本当にそうなのか巷で評判の「PICkit3 クローン」を購入してみました。

「PICkit3 クローン」購入

 購入したのはAliExpressで「書込みアダプタ」が付いて送料込み$12弱の物です。注文後20日前後で入手できました。

 一見すると正規の物との違いはMicroChipのロゴが無いだけですが、基板を見ると基板の裏には部品が付いておらず、表面のU11・U12等が載っていません。

 また「書込みアダプタ」を見て見ると、ほとんどのPICに対応できるようですが、配線に不安があります。取り合えづ8PinのPIC12F1501が使えるか確認してみると、余計な結線はされていないようですので、この「書込みアダプタ」を使って動作確認をしてみました。
 書込み確認のプログラムはPIC12F1501を使った「PWM+タイマー」のプログラムです。「MPLAB Snap」で書き込んで動作は確認してある物です。
 書込みソフトは「MPLAB XIDE Ver5.15」です。最新Verではないのですが、Ver5.40以降では正式に「アッセンブラ」をサポートしないようになってしまい、仕方なく使っています。とりあえずVer5.35までは確保してありますが、別段不具合もないので、そのままにしてあります。

動作確認

21.03.30_h10

PICkit3と書き込みアダプタ接続

 

 さっそくPICKit3のクローンを接続し、電源を「PICKitから供給」に設定し直し書込みをしてみましたが、「書込み電圧が足りない」というようなメッセージが出て書き込めません。
 この現象は正規の「PICKit3」でも出る現象で、供給電圧の設定を下げると書き込めます。
 ひとまず設定電圧を「4.5V」にして再度書き込むとOKです。次に設定電圧を上げ「4.625V」でもOKでしたが、「4.75V」ではNGでした。

低電圧対処(PICKit3からの電源供給時)

 この症状の対応策はMICROCHIP社からエラッタが出ていて、74LVC1T45のPin6に接続されている抵抗100Ωをショートすることになっています。

 早速基板の中から指定されているR26・R43・R45を探しましたが、U11(74LVC1T45)が搭載されていないので当然R45はなく、R26・R43をショートしました。前回と同様にし、設定電圧を「5V」にして書き込むと無事書き込みに成功しました。

 Webで検索すると多々記事がありますが、こと「クローン PICkit3」に関しては、エラッタにある「抵抗のショート」に関して書かれていないようです。年寄りにとっては「目が見えない」「手が震える」等の症状でキビシイ作業ですが、やって損の無い改造だと思います。

所感

 これからPICをいじってみようと思われている方は、安価なこともあり、到着までの時間が掛かることが我慢できれば「クローンのPICkit3」は買いなのではないでしょうか。
 付属した「書込みアダプタ」ですが数種類が流通しているようですので、入手後自分が納得できる仕様なのか、書込み前に十分確認する必要があります。下手をすると「PICが昇天」されますので、くれぐれもチェックをお忘れなく。